秋田大学医学部       |秋葉 龍  |特進選抜コース卒業

秋葉 龍 吹奏楽部
台東区立御徒町台東中学校出身

諦めることなく思いを貫き通した3年間
夢は強く願うことで自分の支えにもなります
 小さな頃からの夢だった医師になるために、しっかりとした学習環境で学びたいと考え、東洋高校に入学しました。受験勉強は、自分の勉強方法が正しいのか不安になっても続けなければなりません。僕も挫けそうになることがありました。そんな時、支えになったものは夢です。僕の場合は「医師になる」。この思いを強く持つことで諦めずに乗り切ることができました。また、先生方のサポートにも助けられました。特に二次試験の面接対策では、何人もの先生がアドバイスをくださり、自信を持って面接に臨むことができました。

東京工業大学第三類     |土川 ひかる|特進選抜コース卒業

土川 ひかる 卓球部
中央区立日本橋中学校出身

互いに教え合い、励まし合えるクラスメート
共に乗り切った大学受験はいい思い出の一つです
 クラス一丸となって取り組んだ東洋祭は、本当に楽しかったです。僕は東洋祭の実行委員も務めたのですが、都心のビル型校舎のメリットとデメリットを考慮しつつ、行事を作り上げていったことも、大きなやりがいにつながったと思います。勉強面では、どの授業も分かりやすく、とくに僕の場合はもともと好きだった数学が、もっと得意になりました。特進選抜コースは、得意をどんどん伸ばしてくれる授業が多いので、自分の「伸び」を実感しながら学ぶことができます。学校全体がいつもあたたかな空気に包まれているせいか、受験期もピリピリムードにならず、互いに教え合い、励まし合いながら受験を乗り切ったことも、いい思い出のひとつです。

早稲田大学法学部      |田尻 駿  |特進選抜コース卒業

田尻 駿 テニス部
市川市立第七中学校出身

部活、勉強、行事のすべてに全力を尽くす
これが高校生活を充実させる僕なりのコツです
 テニス部では部長を務め、勉強もおろそかにせず、文武両道に全力投球した3年間でした。法曹関係に進学したいと考え、司法試験の合格率を調べて志望校を決めたのは高2の秋。受験勉強では「効率の良さ」を心がけました。3年間の高校生活は、何事にも全力を尽くしてください。「今日は疲れているから明日やろう」では、なんでも中途半端になってしまう癖がついてしまいます。僕も、そのような考えになる日が何度もありましたが「ここで手を抜いたら自分らしくない」と思い直し、「全力」を貫きました。おかげで、とても充実した高校生活を送ることができました。

信州大学繊維学部      |石田 英衣 |特進選抜コース卒業

石田 英衣 クッキング部
練馬区立豊玉中学校出身

授業がきっかけで志望大学を決定
「学びたい」気持ちが苦手克服の原動力になる
 私が、全国的にも珍しい「繊維学部」を目指したきっかけは高3の化学の授業です。当時、理系が苦手にもかかわらず理系クラスにいた私は、理系の勉強を楽しんでいるクラスメートを横目に焦る気持ちが強くなる一方でした。そんなとき、化学の授業で「繊維」を学んで、その面白さに気づかされました。「繊維を研究したい」という思いで信州大学を志望校に定め、それからは理系科目の勉強に身が入るようになりました。受験勉強では友人への感謝の気持ちでいっぱいです。朝から晩まで自習室で一緒に学び、励まし合ったからこそ努力し続けることができたのだと思います。

千葉大学教育学部      |三上 由夏 |特進選抜コース卒業

三上 由夏 ラクロス部
江東区立第三亀戸中学校出身

自分たちで考える事を学んだ部活動
この経験が、大学進学にもつながりました
 3年間取り組んだラクロス部は、部員全員が初心者からのスタート。ラクロスは、まだあまりメジャーなスポーツではないので、練習メニューも自分たちで考えながらすすめていきました。また、勝つための取り組みなどについて、社会人や大学生の方からレクチャーを受けられる場を顧問の先生が紹介してくださったので、視野が広がり、とても勉強になりました。こうして自分たちの力で部活を盛り上げていったことは、大学の公募推薦の際の大きなアピールポイントにつながりました。夢は中学校の体育教諭になることです。中学生にスポーツの楽しさを伝えることはもちろん、健康に生きていくための心身の基盤を作ってあげられるような先生になりたいです。

首都大学東京都市環境学部  |本多 真奈香|特進選抜コース卒業

本多 真奈香 吹奏楽部
江東区立第三砂町中学校出身

先生が背中を押してくれたゼミナール入試
勉強を続けるうちに自分の目標が明確になっていきました
 高2までは吹奏楽部の活動に、3年からはAO入試対策に取り組んだ高校生活でした。部活はほぼ毎日練習。1カ月間連続で学校に通ったこともありましたが、そのおかげで2年続けて全国大会に出場することができました。AO入試は、先生の勧めもあり、ゼミナール入試で臨むことに。志望理由書を提出した後、ゼミの授業を5回受けて、大学でどのようなことを学びたいのかをアピールするスタイルの入試です。最初は軽い気持ちでチャレンジしようと思ったのですが、回を重ねるごとに自分がやりたいことが明確に見えてきました。将来は、都市の緑化に関わる仕事がしたいと考えています。そのためにも大学では、多角的に様々なものごとを学びたいです。

早稲田大学商学部      |古屋 尚樹 |特進コース卒業

古屋 尚樹
大田区立安方中学校出身

ときに厳しく、いつも親身に叱咤激励してくださった先生方
そのあたたかさに感謝の気持ちでいっぱいです
 高1の秋、先生に「このままじゃどこにも合格できないぞ」と言われたことで、勉強に対する意識が変わりました。それまでは部活中心の毎日で、勉強のことなど考えたことすらありませんでしたが、限られた時間を活用して勉強することを日課とし、同時に「どうせやるなら早慶を目指そう」と決意しました。当時の僕は早慶を目標にするなど夢のまた夢のようなレベルでしたが、コツコツ勉強したかいがあって、高2の冬からは少しずつ成績が伸び始めました。早稲田に現役合格できるまで、頑張り抜くことができたのは、ときには厳しく叱咤激励してくださった先生のおかげ。東洋で学べてよかった、先生に出会えてよかった、と感謝の気持ちでいっぱいです。

東京理科大学理工学部    |三輪 宣彰 |特進コース卒業

三輪 宣彰
大田区立大森第十中学校出身

信頼できる先生、様々なタイプの友人たち
多くの出会いに刺激を受けながら成長できた3年間
 東洋高校は、先生方との距離がとても近い学校です。若い先生が多く、何でも気軽に相談することができます。受験の際は先生自身の経験を踏まえてアドバイスしてくださいましたし、内容に年齢間のギャップがあまりないので、とてもリアル。受験のスケジュールの立て方や勉強法についてもとても参考になりました。また、1学年に500人弱の生徒がいるので、様々なタイプの友人と知り合うことができます。全国レベルの部活で活躍している友人も多く、彼らの姿勢や想いを知ることは、自分にとってとても刺激になりました。大学では土木工学を学び、リニア中央新幹線や北海道新幹線など、人に役立つインフラ整備に携わりたいと思っています。

学習院大学文学部      |黒沼 竣  |特進コース卒業

黒沼 竣 写真部
江戸川区立鹿本中学校出身

高校生活はチャレンジすることに意義がある
そこから「自分の目標」が見つかるはずです
 1年生から生徒会活動に携わり、2年生では生徒会長を務めました。協調性やリーダーシップ、様々な面で自分を成長させてくれた東洋高校に心から感謝しています。僕が日本史に興味を持ったきっかけは、学校の授業でした。数百年前に書かれた文章や物語を、現代の僕たちが読むことができる。なんて不思議で面白いんだろうと感じました。志望校は、「自分が学びたい分野」を目指すことが一番です。授業や趣味、どこにきっかけがあるかは分かりません。いろいろなことにチャレンジして、「楽しい・研究したい・もっと深く知りたい」と思える何かを見つけてください。

青山学院大学文学部     |山口 昂大 |特進コース卒業

山口 昂大 軽音楽部
杉並区立西宮中学校出身

自習室には、いつも友だちがいる
この心強い環境が、受験勉強の支えになりました
 かけがえのない友人たちと出会うことができた3年間でした。なかでも受験期は、ともに切磋琢磨できる仲間がいたからこそ、乗り越えることができました。入試直前は、毎日のように学校の自習室に足を運んでいましたが、行くといつも仲間がいるので、互いに励まし合いながら学べたことが、本当に心強かったです。また、複数の大学から合格をもらい、進学先を悩んでいた際も、親友がくれた的確なアドバイスがとても参考になりました。行事や部活、遊びには全力で取り組みつつ、勉強もやるべきときはしっかりやる。そんな生徒が多いことは、東洋高校の伝統なのではないかと思います。互いに進む道は違っても、一生つきあっていける友人との出会いは、僕の財産です。

明治大学総合数理学部    |小林 珠貴 |特進コース卒業

小林 珠貴
世田谷区立八幡中学校出身

話し合いながら問題を解くアクティブラーニング
教え合う楽しさを実感し、自分の夢が見つかりました
 クラスの仲間は明るく元気で、みんないつも笑顔。本当に楽しく充実した3年間でした。印象的だった授業は、高1の数学。アクティブラーニング形式の授業で、皆で話し合いながら問題を問いていきます。これなら数学が苦手でも楽しく学べるし、数学が得意な生徒は、人に教えることでより理解が深まります。大学では数学を学び、教職も取得したいという目標を持てるようになったのは、この授業があったからこそ。進学する総合数理学部は、文系分野を含め、ものごとを数学的に考察する学部。どんな学びが待っているのか、今からワクワクしています。

明治大学政治経済学部    |城所 柚香 |特進コース卒業

城所 柚香 吹奏楽部
台東区立浅草中学出身

「今」を一生懸命に過ごすことで身につく力は
その先につながる様々な力になります
 東洋高校は英語の授業がとても充実しています。選択科目にもよりますが、私の場合、高3の受験期は1日5時間が英語の日もありました。そのうえ授業内容も細分化されており、先生もそれぞれ違うので、学びの視野がとても広がったことも、受験勉強にとても役立ちました。部活は吹奏楽部に所属し、2年のときは音楽面をリードする「幹部」としての役割を担いました。これにより、全体を見て指示を出すことの大切さを学んだことは、卒業後の今、カフェでのアルバイトにとても役に立っています。高校時代は、「今」を一生懸命に過ごし楽しむ毎日でしたが、高校時代の経験は、その先につながる様々な力になっているのだと実感しています。

東京理科大学基礎工学部   |鈴木 賀子 |総合進学コース卒業

鈴木 賀子 テニス部
世田谷区立芦花中学校出身

学校全体の一体感が東洋高校の魅力
何でも相談できる先生方はとても信頼できる存在です
 東洋高校は勉強も部活も行事もバランスよく楽しめる学校です。全国レベルの部活も多く、春高バレーに生徒全員で応援に行ったことは、忘れられない思い出のひとつ。球技大会では、全国大会で活躍している生徒のプレイを近くで見ることができるため、すごく盛り上がります。また、先生との距離がとても近く、文理選択や志望校選び、指定校推薦対策など、自分で決断をしなければいけないならないときに、何でも相談できたことで、安心して自分の進路を見出すことができました。大学では、免疫工学について専門的に学びます。将来は、アレルギーの薬や、アレルギーがある人も安心して使用できる化粧品などの開発に関わる仕事がしたいと考えています。

青山学院大学地域社会共生学部|伊藤 直樹 |総合進学コース卒業

伊藤 直樹 テニス部
横浜市立あざみ野中学校出身

丁寧で分かりやすい先生方の授業
中学時代は苦手だった英語が得意科目になりました
 中学時代は英語に苦手意識があったので、高校では英語をしっかり学び弱点を克服したいと思っていました。東洋高校の英語指導はとても丁寧で分かりやすく、英検対策なども充実しています。授業を大切にしつつ、分からないことは先生に質問して解決していくうちに、英語の成績が少しずつ伸びてきました。高2で英検2級に合格し、青山学院大学の指定校推薦の条件のひとつをクリアできたことで、推薦入試にも挑戦。サポートが整った環境のなかで意欲的に学べば、結果は必ずついてきます。青山学院の英語の授業はレベルが高く、どの学部に進んでも英語力をしっかり鍛えられます。今、そのハードな授業についていけているのも、東洋で英語を得意科目にできたからです。

学習院大学経済学部     |五木田 彪 |総合進学コース卒業

五木田 彪 ワンダーフォーゲル部
文京区立本郷台中学校出身

生徒会活動を通じて新たな自分を発見できました

 3年間生徒会活動を続け、会計を担当しました。生徒会は様々な学校行事に関わっているので、その活動を通じて、行事が実現されるまでのしくみや、運営の難しさなどを知ることができたのは貴重な経験だったと思っています。また、いろいろな人と関わって行事をつくりあげていかなければならないので、社交性や協調性を身につけることができました。将来の目標は、大好きなアパレル関係の会社を立ち上げること。大学でビジネスに関する知識や実践するための方法について学び、夢の実現に向けて頑張ります。

成城大学文芸学部      |福島 悠真 |総合進学コース卒業

福島 悠真 野球部
台東区立忍岡中学校出身

慌てずコツコツと文武両道
自分なりの両立方法を見つけてください
 文学部を志望するようになったきっかけは授業中のこと。国語で出題されていた小説の内容が面白くて、文学に興味を持ちました。硬式野球部に打ち込んでいた僕が本格的に受験勉強を始めたのは、周囲が受験ムードに変わっていった3年生の5月から。夏の引退までは部活動をしっかり続けること、1時間でも机に向かうことを徹底しました。部活動は中途半端にやらずに、最後まで続けてほしいと思います。部活動8時間・勉強1時間でも、立派な両立だと思います。とにかくコツコツ続ける。その成果が、志望大学への進学につながったのだと信じています。

國學院大學人間開発学部   |東風谷 太暉|総合進学コース卒業

東風谷 太暉 吹奏楽部
市川市立高谷中学校出身

先生の厳しさと優しさに支えられた大学受験
高校生活全部が僕の大切な思い出です
 進路について考えていたときに浮かんだ記憶は、子どもたちに信頼され、いきいきと仕事をしていつ保育士の姿。志望校にどうしても入学したかった僕は、AO入試と並行して一般入試の準備をしました。面接の練習ではうまく受け答えができず、先生に厳しい言葉をかけられることもありましたが、それが奮起するきっかけになりました。卒業式前日に行う「卒業祭」では、生徒だけではなく先生方も出し物をしてくれるので一生の思い出になります。体育祭や東洋祭なども一致団結して取り組んでいたクラスメートとは、卒業した今も連絡を取り合い、集まっています。

日本大学薬学部       |一志 歩  |総合進学コース卒業

一志 歩 バドミントン部
浦安市立明海中学校出身

新しい価値観や文化に触れることができた
オーストラリア修学旅行が一番の思い出です
 高校生活の一番の思い出は、オーストラリア修学旅行です。ホストファミリーと生活する中で、最初は戸惑ったあいさつ代わりのハグも自然とできるようになり、他にも新しい価値観や文化に触れることができました。自分の英語力を実感できたことも、とても嬉しかったです。両親が医療関係の仕事をしていることもあり、将来は薬剤師になりたいと考えていた私は、1年生のころから定期テスト対策に力を入れていました。先生に早くから相談していたので、希望通り指定校推薦を受けることができました。話しやすい先生ばかりなので、勉強や普段の生活の事など何でも相談できたことも大きな支えになりました。