校長贅言11 後援会主催「手作り講座」開催

[校長贅言]

12月1日(土)

 後援会は、本校校舎新築の際に、父母会OBOG会である「さいかち会」、現役の父母の会、同窓会等を中心に、本校を応援し互いに親睦を深める目的で設立された会です。毎年、年明けに歌舞伎鑑賞会を開いたり、東洋祭では三燦会バザーを支援したり、さまざまな活動を行っています。今回の手作り教室も、2年前には「クリスマスリース」、昨年は「キラキラビーズの簡単ブローチ」作りを実施してきました。今回は9時30分から昼食をはさんで午後3時まで「三角ツリー タペストリー」の作成です。保護者約20名が参加。なごやかな雰囲気の中、作業は進み、終了時までには皆さん、かわいらしいタペストリーを作り上げました。

はじめに役員さんから作成上のポイント説明を聴きます。

自分なりに工夫をしたり、苦労をしたり、作業は進みます。

完成したタペストリーを持って記念撮影。前列中央の男性は大島昭・後援会会長です。