校長贅言12 3年生 センター直前講習 始まる

[校長贅言]

12月10日(月)

 この冬一番の冷え込みとなった本日から、3年生の一般受験者を対象にセンター直前講習が始まりました。3年生は後期中間試験をもって正規の授業が終わり、それぞれが各自の進路に向けて準備に励むことになります。一般入試を経て志望大学を目指す生徒にとってはこれからが山場。まずは6週間後に迫ってきたセンター試験に対応するための講座です。

 それぞれの講座は2コマ続きで、演習形式あり、講義形式ありと様々ですが、それぞれの生徒がこれまで培ってきた力をセンター試験で十分発揮できるようにしてあげたいという、担当の先生方の配慮と工夫が見られました。

 講座のみではなく、理科や公民では質問を受け付ける教室も用意され、多くの生徒が出入りしていました。また、自習用の教室には真剣な空気がはりつめ、文字通り「わき目もふらず」一心に教材に取り組んでいる生徒の姿がありました。

日本史の講習ではテーマを「自由民権運動」「日朝史」に絞って展開していました。

世界史では、ローマの五賢帝を題材にとりあげ、出題の意図を汲み取ることの重要性を説明していました。

自習教室の様子。シャッター音をたてるのも申し訳ない気持ちになります。

すでに心境は、自分との戦い、ですね。