第19回 校内スピーチコンテスト

[ニュース]

 11月21日(水)に校内スピーチコンテスト本選が行われました。 

  夏休みからレシテーションの練習やスピーチ原稿の作成に取り組み、夏休み明けに外国語科教員が選考した各部門のクラス代表者で予選を行い、11月21日(水)の5、6時間目に本選を行いました。 

 本選ではレシテーション部門で4名、スピーチ部門で4名、エキシビジョン部門では今年度ターム留学に参加した10名の生徒が、1、2年生の前で発表しました。

  レシテーション部門の4名全員が『Speech by Severn Suzuki』を、スピーチ部門では、『Do you need your school uniform?』、『Livable society for everyone』、『The personality』、『Japan is so amazing』という題目でそれぞれ発表しました。

 また、エキシビジョン部門では、オーストラリアに行った生徒とニュージーランドに行った生徒で分かれ、留学で学んだことの報告を英語でプレゼンテーションしました。

 英語の発音だけでなく聞いている人の心に届くように仕草や表情、話す速度を自ら工夫して発表している姿は、非常に素晴らしいものでした。 スピーチコンテストを通して、英語を人前で話すことに対しての抵抗を少しでも減らしていけるようにしていきたいと思います。