校長贅言13 1年生GTEC受験、2年生早期大学合格者講演会 

[校長贅言]

12月12日(水)

 

 師走も半ばとなった本日の午後は、1・2年生とも将来に向けての取り組みが学年ごとに行われました。

 1年生はポスト・センター試験に向けて、「第36回 GTEC Advanced」を学年全体で受検、4技能のうちREADINGとLISTENING・WRITINGの力を試しました。写真は開始直前の教室の様子です。このグレードの試験では、高校1年次までに学んでいない文法事項や単語等も出てくるため、終了後の感想は「難しかった」が多かったようでした。長文を読むための時間が足りなかったという声も聞かれました。しかし、全員がまじめに取り組んでいました。

後日、タブレットを使ったSPEAKINGのテストを行って、全体の成績が出ます。

集中力を高めている人も、今までの学習内容を振り返る人もいました。

解答方法や受験上の注意を聞いている様子。

 2年生は、推薦入試やAO入試で合格をかちとった3年生の先輩5名の話を聴きました。それぞれ、明治大学、青山学院大学、千葉県立保健医療大学、首都大学東京、お茶の水女子大学に合格した先輩です。どうやって志望大学を決めたのか、受験のポイントとなるのは何か、努力したことは、と具体的な言葉が続きます。また、推薦なりAOなりゼミナール入試など、名称が同じでも大学ごとに内容が異なり合格のためのポイントも違ってきます。そうしたことをわかりやすく説明してくれました。成功体験だけではなく、反省点や失敗談なども盛り込んでくれたところに、後輩への思いやりが窺えました。2年生のみなさんも、これらの話に発奮して、先輩の後に続いてくれると信じています。

先生のアドバイスとは一味違うヒントを数多く聴くことができました。

発表者それぞれが、自分の話に合わせてパワーポイントを用意してくれました。

熱心にメモを取りながら聴いている人が多かったです。