校長贅言27 終業式

[校長贅言]

3月22日(金)

 

 昨年4月8日に始まった2018(平成30)年度も本日で終わりとなります。1年生は、オリエンテーション合宿から始まって、1日1日を全力でこなし、ひとつの行事を終えるたびにたくましくなっていった印象があります。2年生は、早いクラブは昨年3月で3年生が引退し、クラブの中心的存在となり、また東洋祭をはじめ学校行事でも中核を担ってその責を果たしてきました。

 来年は、それぞれ独自のカラーを活かしながら先輩から引き継いだ伝統を守り、一人ひとりの夢に向かいつつ学年として団結し、今年以上の1年間にしてもらいたいと願っています。

 終了後は、各学年に分かれて成績の褒賞や皆勤賞の授与などがありました。

校歌斉唱のあと校長挨拶と続きます。

クラブを代表して男子バレーボール部とソングリーダー部から抱負が語られました。

各学年集会ではがんばった生徒に優等賞、努力賞、皆勤賞が贈られました。

2学年主任・上田先生からは、先輩に続いてがんばろうとの励ましがありました。