東洋高校2021
12/24

11学校全体で希望進路の実現をフォロー進路指導生徒が人生設計を行う上で、必要不可欠な力を伸ばします。そのために生徒は、世の中を知り、自己分析し、自己肯定感を育成するとともに、成長の伸びしろである自身の課題を発見し、3年間の高校生活を通して課題を克服します。この経験から、生徒の主体性、個性、協働性は育まれ、豊かな人生に向けて力強く歩みます。■生徒の軌跡1年次進路探究期自分を知り、社会を学び、将来の道筋を見出す将来を考えるとき、社会のことを理解する必要があります。社会(業界・職種など)を理解し、自分自身を見つめたとき、自然と歩みたい人生が見えてきます。それを目的に、高校生活に取り組みます。<主な進路行事>●進路のミカタLIVE:社会と学問を体感します。大学は人生の通過点。将来(夢)を思い描いたとき、その夢を実現させるために、どの道を進むべきかを、明確に理解します。<主な進路行事>●大学出張講義:大学の講義と高校の授業との違いを理解します。●適学・適職診断:自身に合った学問や職業を知ります。●夢ナビライブ:大学と学問を理解します。明確な目的(夢、将来)があれば、不安を乗り越えることができます。「情報を制する者は受験を制す」。入試対策とは、計画・実行・確認・改善を反復して行うことです(PDCAサイクル)。これまで育んできた思いを叶えるために、志望校に見合った計画を、一心不乱に実行します。<主な進路行事>●医療系学部出張ゼミナール:夢を実現させるため、その決意をより確かなものにします。2年次進学準備期夢の実現に向けて最適な進路を考え、進学目標を具体的に絞り込む3年次入試対策期学力や入試情報を分析しながら、希望進路実現に必要な力を獲得する理科の課外活動の一環で、希望者を対象に実施しました。航空機が空を飛ぶ原理や航空整備などについて学ぶ「航空教室」のほか、格納庫見学では、実際の整備の様子やジェットエンジンなどのパーツを間近に見ることができました。●JAL工場見学国際協力や経済に関心がある生徒14名が約4ヶ月間のグループ学習に参加しました。1月にはJICA地球ひろばを訪問。海外協力隊に参加した方の体験談を聞かせていただく機会もあり、将来を思い描くための良い刺激になっています。●JICA地球ひろば訪問■スケジュール●進路のミカタLIVE ●インターンシップ ●探究プログラム など■スケジュール●適学・適職診断 ●卒業生進路講演会●大学出張講義 ●夢ナビライブ●入試合格者報告会 など■スケジュール●大学出張入試説明会●医療系学部出張ゼミナール などダグラス・モントゴメリー氏の特別授業(右ページ上段参照)

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る