東洋高校2021
2/24

01東洋高校から始まる新しい生活スタートラインはみんな同じ高校1年生、入学式がスタートライン。友だちと、先生と一緒に駆け抜ける日々。東洋高校での3年間で見つかる夢・目標・未来。たくさんの思い出と、成長した自分の力を両翼に、夢に向かって羽ばたく先輩からのメッセージ。 高校生活の3年間、僕は「勉強の自己管理」という課題を自分自身に設定しました。法曹界を目指して志望校の一橋大学に進むためには、自己管理を徹底して勉強しなければという強い思いがあったからです。特進選抜コースという、勉強することが当たり前の環境で学べたことは、勉強に対するモチベーションになりました。周囲に切磋琢磨できる仲間がいたことも、自分の目標と計画を達成するための良い刺激になっていたと思います。自分自身で目標を立てて、挫けることなく、一つひとつ実行していく。将来にもつながる実践力を身につけることができた3年間でした。一橋大学  法学部阿部 泰樹  特進選抜コース卒業│市川市立南行徳中学校出身一人ひとりの個性を尊重してくれる学校自分で考え実行する、実践力が身につきましたToyo Story 中学生の私は、自分に自信が持てず、すぐに安全策に逃げてしまいがちでした。けれども東洋で出会ったクラスメイトや先生方のおかげで、目標に向けた強い気持ちを持ち続けることができ、志望校合格を果たすことができました。東洋の先生は、私たちのことをよく見てくれていて、些細な変化にもよく気づいてくださいます。良いところを見つけて褒めてくださることが多く、自信を持てるようになった大きな理由だと思います。大学で日本史やジェンダーを専門的に学びたいという目標ができたのも、先生との出会いがあったからです。大学卒業後は教師として戻り、私を変えてくれた東洋に恩返しをしたいと思っています。お茶の水女子大学  文教育学部富澤 美帆  特進選抜コース卒業│練馬区立北町中学校出身諦めない強い気持ちを持つことの大切さ東洋高校は、私を変えてくれた学校です

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る