東洋高校2021
22/24

21 2019年末から端を発した新型コロナウイルスの蔓延が、他の自然災害と異なるのは、グローバル化のマイナス面が現出したことです。人間が恣意的に引いた国境を無視してコロナウイルスは地球上にどんどん広がっていきました。人々の命を奪うだけではなく、たとえばマスクやコンピューターの在庫が我が国の市場からなくなりました。他国にその生産を頼っていたからです。エネルギーや食料、生産構造など種々の問題と同様に、これも普段から抱えている課題の一つです。 私たちはこのような微妙なバランスのもとで生きているのです。今年度、15歳を迎える君たちの人生はこれから始まると言ってもいいと思います。このような状況の中、君たちはどんな方向に向かって、どのように生きていこうとするのでしょうか。 君たちに必要なのは教科の勉強はもちろんですが、自ら考え行動する力を身につけることです。判断する能力を高め、コミュニケーションする力を身につけることです。あらゆる物事に興味をもって、物事の当事者となって関わってほしいと願っています。その過程で悩んだり迷ったり苦しんだりすることもあるでしょうが、それは「心の成長痛」です。失敗して悔やむこともあるでしょうが、失敗は次に成功するためのヒントになります。 君たちそれぞれが、自分らしく豊かに生きていくためには、この世の中がどうなっているのかを見据えて、自分がその中で何をしたいのか・何ができるのかを見極めて、そのために必要な資質や能力を磨いていくことだと思います。しんどいこともあるかと思いますが、仲間とともに世の中を理解していくこと・磨き合うことは喜びでもあるのです。世の中を見据えて、自分を見つめて、可能性を広げてほしい東洋高等学校 校長石井 和彦 KAZUHIKO ISHII校 訓自律・共生(共生精神)校訓「自律・共生」には、自らを律して、自身の目標に向かって計画的に努力を重ね、他者とのかかわりの中で目標を達成できるような人間になってほしい、という願いが込められています。教育方針学び合い・助け合い・高め合いの実践(学・助・高・実)教育方針「学び合い・助け合い・高め合いの実践」のもと、自ら学ぶ力、共に生きぬく力を育てます。ともいきしい

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る