特進選抜コース

難関国公立大学を目指し仲間とともに高めあう


入学時から「難関国公立大学に合格する」という共通の目標を持った学習意欲の高い生徒が集まるコースです。クラスメート同士、ともに戦う仲間として、ライバルとして切磋琢磨することでお互いを高め合います。
勉強ばかりではなく、部活動に参加する生徒も多く、勉強と両立させながら充実した高校生活を送っています。

主な進学先大学(2019年度現役卒業生)

[国公立大学]
一橋大学 お茶の水女子大学 東京医科歯科大学 東京学芸大学
東京農工大学 埼玉大学 千葉大学 広島大学 新潟大学
信州大学 東京都立大学 北見工業大学 青森県立保健大学 秋田大学
福島大学 茨城大学 前橋工科大学 福岡教育大学

[私立大学]
早稲田大学 上智大学 東京理科大学 学習院大学 明治大学
立教大学 中央大学 法政大学 成蹊大学 武蔵大学 國學院大學
芝浦工業大学 日本大学 ●東洋大学 駒澤大学 専修大学
津田塾大学 東海大学 星薬科大学 横浜薬科大学 恵泉女学園大学
順天堂大学 昭和女子大学 神田外語大学 神奈川大学 聖学院大学
跡見学園女子大学 千葉工業大学 大正大学 東京電機大学 日本女子大学
日本薬科大学 武蔵野大学 文京学院大学 文教大学 北里大学
明星大学 目白大学 立正大学 和洋女子大学

Student’s VOICE

吉田 龍哉(柔道部)
江東区立深川第七中学校出身

 入学時は特進コースでしたが、国公立大学を目指したいという気持ちが強くなり、特進選抜コースに転コースしました。
 クラスの雰囲気は明るくにぎやか。文系・理系問わず、好きな分野を深く究めている人が多い印象です。日々新しい知識と出会えるため、楽しく毎日を過ごしています。もちろん、みんな勉強に力を入れていて、定期テストごとに成績を競い合っている友人たちもいます。ただし、勉強ばかりでなく部活動と両立していたり、東洋祭などの学校行事に積極的に参加する人がたくさんいることも特進選抜の特徴だと思います。僕も柔道部での練習、図書委員長としての活動、毎日2〜3時間の勉強を心がけていました。部活動では様々な大会に出場することができ、入賞することもできました。
 今は、国公立大学で経済学を学ぶことを目標にしています。経済を通して人の心理や社会の動きを学び、広い視野をもてるようになりたいと思っています。

Teacher’s COMMENT

河村 公康(国語科)
3学年担任・茶道同好会顧問

 特進選抜コースの生徒たちは学習意欲が非常に高い一方、委員会活動、部活動にも全力で取り組んでいます。様々な活動を勉強とどのように両立していくか、自分自身で考えて実践しています。学校行事にはクラス一丸となって臨み、英単語や漢字・数学などの小テストでは生徒同士で競い合っています。その活気を、将来や社会を考える事にも活かしていくように指導しています。
 今年度はコロナ禍の影響もあり、行事の多くが中止になりました。その中でも印象深かったのは夏の三者面談です。生徒から保護者へ受験の決意を伝えるとともに、保護者からは生徒へ激励のメッセージを述べてもらいました。普段はシャイな様子が見られる生徒が感謝の言葉を素直に伝えていたり、涙ぐむ保護者の方を見たりすることで、私自身もより一層、頑張らなくてはならないと身が引き締まる思いになりました。
 目まぐるしく変化する現代社会では、昨日までの常識が通じなくなることが起こり得ます。そのような社会だからこそ、自分自身で考えられる思考力、新しい物事に恐れることなく挑戦していく積極性を養ってもらいたいと考えています。