希望進路・目標に合わせて学べる2つのコース


どちらのコースも教科を学ぶ力を身につけることに併せて、
課外活動や行事なども含めて人間力を高め、判断力・行動力を養い、
自らの個性を生かしつつ社会の中でその力を発揮するすべを学んでいきます。
主体的に学ぶ意欲のある人の入学を待っています。

1年次:基礎力養成期

1年次は、高校必修科目を履修しながら、教科・科目ごとの学習のスタイルを身につけていきます。年間5回の模擬試験を受け、学力の伸長、弱点とその対策を確認しながら学力の基盤を固めます。

2年次:応用力養成期

1年次の基礎基本をもとに、自ら課題を設定できる学習段階に進みます。単なる受験対策にとどまらず、思考力を高め、どのような方式でも解答を出せるように、幅広く深い意味での学力を養います。

3年次:実践力養成期

目標とする進路を意識しながら、受験対策を進めるとともにモチベーションを確立させていきます。入試を乗り切るだけでなくその後の学問に結びつく学習分野に進んでいきます。


ICT教育

苦手分野克服から入試対策まで

生徒一人ひとりがiPadを持ち、授業支援アプリを活用した学びを展開しています。アプリによる資料配布や課題回収でペーパーレス化し、学校でも自宅でも学習できる環境が整っています。生徒の発言や解答を共有することで“学び合い”がスムーズになり、考える力を養えます。また、協働作業で作りあげたプレゼンテーション資料をもとに発表力を高めることもできます。さらに、英語の教科書に連動したアプリでは、スピーキング(話すこと)の評価を確認 することもでき、英語4技能の全てを学ぶことができます。その他、iPadを利用して総合的な学習を深めたり、進路探究、修学旅行などの学校行事の学び、学習の振り返りなどもできるため、ポートフォリオの作成にも役立っています。

日本史の授業では文献や絵画、歴史背景等の情報を幅広く吸収できます。

英語の文章読解に使用したり、英文の読みや聞き取りの練習をしたりすることができます。

プロジェクターでタブレットの情報を黒板に投影させて、視覚的効果のある解説をすることが可能です。


総合的な探究の時間

「何をすべきか」を考え、行動する

AI化、超高齢化、海外からの労働者の流入……
日本の高校生が将来直面する環境は、大きく変わります。このような環境・状況の変化の中で必要とされるのが、「生きる力」です。東洋高校では「総合的な探究の時間」を通して、校訓である「自律・共生」を実践する人、世の中(世界)の出来事・問題を「自分事」として捉え、自ら考え、行動できる人を育てます。
1年次にはSDGsの諸問題を、「遠い世界」のことではなく身近な問題として捉えるための第一段階として、それぞれの興味・関心のある学問分野と社会問題との関係について調べます。7つの「探究チーム」に分かれ、同じ学問分野を志す仲間と意見交換をし、視野を広げます。それぞれのチームが見出した身近な社会問題の解決・改善を念頭に、10月の東洋祭での催し物の内容を考えます。
2年次には東洋祭だけでなく、修学旅行の事前学習で、沖縄やオーストラリアが抱えるSDGsの諸問題に関する知見を広め、現地でのフィールドワークやディスカッションを経て、その解決・改善に向けた行動に進みます。
3年次には自らの興味・関心のある学問分野が、社会問題の解決にどのように関わるのかということを考えながら、受験学部・学科への志望をゆるぎないものにしていきます。
社会問題解決のために、自分には何ができるのか、自身が将来どのように生きていけばよいのかということを考え、行動するための時間が、東洋高校の「総合的な探究の時間」です。